2017年7月13日

災害とスマホ

これまでこのブログでは、
災害時でのスマホの活用をいくらか書いてきました。



災害があるたびに、 TwitterやLINEなど活用できるものがたくさんあるのに、
 肝心の自治体や消防・防災関係団体が活用できていないのにムズムズします。

 今回の災害で、NHKのニュースにもTwitterでの情報拡散について、
たくさん取り上げられていました。 

情報のあいまいさや混乱を招くなどの問題点はもちろんありますが、
現実に救助につながるツールであることには違いありません。

必見!災害時にTwitterを活用するポイント
ー防災ガール

自分の居場所、安否や状況を知らせる・・・
これができる道具をひとつでも多くもっているということが大事です。 

ただ、スマホの電池は長くても1日しか持ちません。
情報を発信する道具を持っていても電池が切れるとどうしようもないのです。

日頃から充電に関する道具も備えておいてください。
1回分充電できるものから、数回・数台分できるモバイルバッテリー・・・
しかし、モバイルバッテリー自身の充電が切れるとアウトです。 

救助までの3日間、連絡がとり続けることができるのが理想です。
ただ、今回のような大雨による洪水災害の場合、
モバイルバッテリーを持ち出せる猶予があるのかということ。

そうなると、バッテリーをいかに長持ちさせるかが鍵になるので、
その方法も知っておく必要があります。

1分1秒でもバッテリーを持たせるために
―すぐにスマホを充電できない状況下ですべきこと

ぜひ一度、ご自分のスマホでも確認してみてください。

また、災害時は災害地域に限って公衆無線WiFiが無料開放されます。




~いのちをつなぐ 00000JAPAN~


ただし、利用には少々注意が必要です。
セキュリティのかかっていないWiFiにつなぐことになるので、
悪意を持った人が容易に偽のポイントを作り
そこにつないだ人の情報を盗む可能性も。。。
(災害時にそんなことをする人がいないことを祈りますが)

TwitterにしろWiFiにしろ、悲しいことに
災害時にいたずらに混乱させる人たちが
ごく一部でもいるのは確かです。

どこでなにが起きてもおかしくない今、
せっかくのスマホを、災害時に最大限に活用できるように
なっておきましょう。

ああ~、思わずいっぱい書いてしまいました(反省)。

■「災害」が含まれるうちのブログ一覧はこちら↓
http://haresalon.blogspot.jp/search?q=%E7%81%BD%E5%AE%B3


2017年5月18日

電話レッスン、初テスト!

昨日、電話レッスンのテストをしてみました!
使用するのは、LINE電話レッスン用アプリです。




うちに通っていただいていたAさん、4月に高松から東北へ転勤に。
関東に住むAさんの奥様が高松にいらしたときに、
ご一緒に受けてくださってたご縁で、
その奥様にテストにお付き合いいただきました。
感謝感謝です。

遠隔レッスン、どうなるでしょうか?ドキドキ・・・

1.事前に時間を決めて、その時間に私のほうからまずはLINEでお声かけ。

2.電話サポートに使いたいアプリのインストールをお願い。
  アプリのリンクアドレスを送ります。

3.次に、LINE電話をかけて、スピーカーにしていただいて、
  インストールの手順などを話しながらレクチャー。

4.インストールが済んだら、アプリの使用感をテスト。

5.以前からお悩みだったことを一つ解決。

6.アプリの終了をしていただいて、LINE電話を切りレッスンも終了です。



←は今朝、送っていただいたテストの感想です。

LINE電話は
ネット環境さえ整えば、
とても音質がいいので、
まるで隣で話しているように感じます。

奥様も
「不思議~~」
とおっしゃってました。(笑)

元々とても勘のいい
奥様なので、
大変スムーズに進みました。
すばらしい~~

今回、
奥様はiPhoneでしたので、
画面を撮影したものを
送っていただくことで
操作誘導しました。

Androidの方は、
撮影して送らなくても
リアルタイムで
画面をみることができます。

対面でレクチャーするのと
全く同じようには
いかないかも
しれないのですが、
新しい技術の導入で
サポートも格段に
スムーズになりました。

電話だけでサポートして
いたころとは大違いです!

初体験に
楽しんでいただけたようで、
ほっと一安心しました。

今月はテスト期間中ですので、
「試してみたい!」
というかたは、
ご連絡ください。

日程を調整後、
ご体験いただけます。

奥様、
たくさん感想を
書いてくださって

お付き合いくださいまして
ありがとうございました!




2017年5月14日

電話レッスン、始めます。




きっかけは、うちの生徒さんのお友達で、
北海道にお住まいの方へLINEでサポートをしたことでした。
「うちの近くにもあなたのような人いないかしら?」と。

これまで訪問レッスンやサポートは行っていましたが、
私が訪問できる場所や時間に限りがありました。
また、家にきてもらうのはちょっと・・・という方も。

実は遠方に限らず、来店くださる生徒さんの中にも
電話レッスンのご要望は以前からいただいていました。

ということで、まずは
5月15日(月)から電話レッスン
テストスタートいたします。
(本格始動は6月になるかと思います。)




<電話レッスンの概要>

●レッスン対象:スマホ・タブレット(パソコンについては6月以降の予定)

完全予約制です。レッスン可能時間はお問合せください。

●レッスンを円滑に行うため、
 サポート用アプリのインストールが必要になります。
(インストールの仕方はサポートしますのでご安心ください^^)

●Androidの方は遠隔サポート(代わりに操作)も可能な機種があります。

●5月中はテスト期間につき、LINE電話を使ってのレッスンとなります。
 よって、LINEアプリをお使いの方に限ります。


<レッスンの進め方>

1.お申し込み(お電話、メール、LINEなどで)

2.チケットの購入(お振込み)
  ・3時間分=4000円
  ・5時間分=6000円
  ・10時間分=10000円
  ※すでにお店で10回分チケットご購入の方は
   来店レッスンと電話レッスンを併用できます。
  ※振込先は個別にお知らせいたします。
  ※振込手数料はご負担ください。

3.お振込みの完了ご連絡
  お振込み完了されましたら、ご連絡ください。
  こちらでお振込みが確認できましたら、ご予約いただけます。

4.レッスン日のご予約
  ご希望の日時をお知らせいただき、日程調整をいたします。
  ※1回30分から可能です。

5.レッスン当日~レッスン開始
  こちらからLINE電話を使ってお電話いたします。
  ※初回、レッスン用アプリのインストールをお願いします。
  (その操作は時間に含みません)

6.レッスン終了
  次回のご予約(ご希望の方のみ)

初めての試みでこの流れでスムーズにいくのか、
電話レッスンでご満足いただけるのか不安なのですが、
ご不明な点ありましたら、お気軽にお問合せください。

ドキドキ~


2017年4月20日

訪問サポート

最近、ご要望の多いのは「訪問サポート&レッスン」です。
おそらくうちのお客様最高齢の方(86歳)のお宅へ、先日訪問サポートへ。



その方のご要望は
・いつからかパソコンでインターネットできなくなった。
・いつからかプリンタで印刷できなくなった。
・ノートパソコンのバッテリーを交換してほしい。

3つのご要望を解決するのに30分とかからなかったので、
残り時間で、お持ちのiPhoneから写真を印刷できるよう
プリンタのWiFi設定とアプリのインストール、使い方をレクチャーして終了。

その間、娘さんのiPhoneの質問にも答えながら(笑)・・・

もともと写真の大好きな方だったのですが、
足が悪くなり、一眼レフ片手の遠出ができなくなったそう。

そんなわけで、最近はもっぱらiPhoneで撮られているみたいで、
iPhoneの中には花々やお庭の写真がたくさん!

L判や2L判での印刷の仕方のほか、標準アプリでの加工の仕方も
ちょこっとだけお伝えすると、目が輝いていました。

ひょっとしたらスマホやタブレットは、
好きなことをあきらめずに楽しめる道具かもしれません。




加齢のせいで視力が弱ってしまった、読書好きの男性最高齢(83歳)の方も、
大きな文字で読めるタブレットのおかげで、
読書を楽しむことを継続できています。

やはりシニアこそ、スマホ・タブレットなのです。